著者/時雨沢恵一の作品 「ア+メ+ノ+セ+イ=    」

 アンドリューは[傭兵{ようへい}]。
 故郷から遠く離れた地球の裏側で、金と冒険の為に戦った。
 銃弾が耳のそばを[掠{かす}]めたり、爆弾を落とされたり、何度死んでもおかしくなかった。でも、結局ほとんど無傷で、彼が参加できる戦争は終わってしまった。世界は平和になった。
 彼が四十五才の時だった。異国から故郷に帰ってくる途中に、船が事故で沈んで死んだ。

 メアリーは王女。
 とある国で産まれてからずっと、飢えることも[凍{こご}]えることも知らずに生きた。歌の上手い王女だった。
 わずか十二才の時、他の国の見たこともない王子様と政略結婚をさせられた。
 三十才も年上の、みすぼらしくも太った王子は、メアリーを娘のようにかわいがった。その国が革命で[滅{ほろ}]ぶときには、死んだことにして逃がしてくれた。
 その後、[貧{まず}]しい子供達をコーラス隊に育てる孤児院を開いて、九十一才で死ぬまで幸せに生きた。

 ノンは農家の娘。
 朝から晩まで働いて、それでもわずかしか食べられない貧しい村で育った。
 たくさんいたきょうだいたちは、[飢{う}]え[死{じ}]にするか、親に売られるかして、村から消えていった。
 ノンだけは、別の畑からの盗みが上手かったという理由だけで生き残った。そうして十三才になるまで成長したが、ある日の夜、大雨で起きた[土砂{どしゃ}][崩{くず}]れで、村ごと[埋{う}]まって死んだ。

 セイゴはサムライ。
 サムライの親に厳しく[逞{たくま}]しく育てられて、十三才で、ゲンプクのセレモニーを行って大人になった。
 親のマスターショーグンが、敵のショーグンに[騙{だま}]されて殺されて、セイゴは親や仲間達と一緒に、[敵討{かたきう}]ちの壮絶なバトルに[臨{のぞ}]んだ。
 負けて、全員が[処刑{しょけい}]される中、セイゴは若いことを理由に命を救われた。そして、その日にセップクして、親や仲間を追って死んだ。十五才だった。

 イングリッドは科学者。
 その大学で初めての女性博士号を取って、科学技術の発展のために尽力して、爆薬を作った偉い人の名前がついた賞を、その国の女性として初めて受賞した。国民的英雄になった。
 でも、好きな人と一生結婚できなかったことを[悔{く}]やんで、悔やんで、悔やんで、最後は悲しい言葉だけを残して、三十六才で死んだ。彼女が心から愛した女性は、彼女を[諦{あきら}]めて普通に結婚をして、ひ孫に囲まれるまで幸せに生きた。

 

 五人は死んだあと、どこかで、タンポポの綿毛のようにふわふわと存在していた。
 風が吹いて、五人はもぞもぞと集まって、一つの〝ツノ〟になった。
 ツノからもりもりと成長してすぐに一人の人間になって、そして記憶がないまま、一つの人格を産み出した。
 いろいろな想いを[継{つ}]いで、今を生きている存在――、それがアメノセイ。

    *

【あとがき】

 皆様、初めまして。神奈川県出身、明日を夢見る四十六歳児、時雨沢恵一と申します。しぐさわ、けいいち、と読みます。ペンネームです。本名は秘密です。
 私は、普段は家でエアガンを買ったり、家でエアガンをいじったりしてます。
 あと、小説を書きます。デビュー作の『キノの旅 the Beautiful world』とか有名ですので、どこかで聞いたことがあると嬉しいです。最近だと『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』とかです。テレビアニメにしてもらったりしています。こちらも嬉しいです。
 そんなこんなで、今日は名前だけでも覚えて帰ってください。
 時雨沢恵一、時雨沢恵一、時雨沢恵一でした。