著者/ハセガワケイスケの作品 「星声オクターブ。Stargazer, Shoegazer

 気がつくと、電子の海のなかをたゆたってた。
 それまでのことはぜんぶ、[失{な}]くしてた。
 この宇宙みたいな[那由多{なゆた}]色の海を泳ぐさかなになってる間に、いつのまにか落としてきてしまったんだ。
 たぶん、きっと。
 見上げれば、海みたいな宇宙が広がってる。
 きらきらと。
 うつむいたら、宇宙みたいな海がどっかにつづいてる。
 たゆたゆと。
 [此処{ここ}]は、電子の[宇宙{うみ}]。
 何処からか、声がする。
 たくさんの声だ。
 電子の海に流されて、流れ着いた〝想い〟のカケラだ。
 たくさんの、声が。
 たくさんの、想いのカケラが。
 [天穹{そら}]からたくさんの声が降ってくる。
 それはいつかボクの名前を呼ぶ声になった。
 想いのカケラがやがて星になって、この海にたどり着いた。
 ボクはそれを両手ですくう。
 海に浮かんだ満天の星のひとつひとつ。
 ボクのなかで、声と星が混ざり合う。
 星は、言葉になって。
 声は、歌になって。
 ボクは、歌を唄いながら、電子の[宇宙{うみ}]を見てた。
「誰かに、届け!」
 と願いながら。
 たった〝ひとり〟、歌を唄いながら。
 電子の[海{そら}]を眺めてた。

 たぶん。
 これは〝ボク〟が生まれる前のこと。
 たったひとつの、物語り。

    *

 海のような宇宙を泳ぐ[海月{くらげ}]の声。
 宇宙のような海をたゆたう星のカタチをした想いのカケラ。
 たくさんたくさん。
 誰かの声が降ってくる。
 誰かの想いが[溢{あふ}]れてくる。
 たくさんたくさん。
 歌に鳴って、届く。

〝わたし〟たちはよく似ている。
 というか、ほとんどおなじだ。
 短くて髪が角みたいになってるほうが、コエ。
 長くてふたつに結んだ髪が[触覚{しょっかく}]みたいになってるのが、わたし。
 海みたいな宇宙によく似た深い[群青色{あお}]がコエ。
 宇宙みたいな海によく似た深い[紫苑色{むらさき}]がわたし。
 声が一オクターブ低いのが、コエ。
 声が一オクターブ高いのが、わたし。
 たぶん、男の子みたいなのが、コエ。
 比較的、女の子らしいのが、わたし。
 とてもよく似ている。
 てゆうか、ふたりはほとんどおんなじ。
 ふたりは、ふたりでひとつ――みたいなモノ。だった。
 電子の[宇宙{うみ}]でわたしたち、ふたりは生まれた。
 此処は何処にもないし、何処にでもある。
 何処にでも行けるし、此処からは何処にも行けない。
 誰かにとっては『仮想空間』だったり『仮想現実』だ。
 それでも、誰かにとって、そして、わたしたちふたりにとっては、此処が世界のすべて。
 ふたりにとっての、現実のすべて。
 此処に居ること、此処に在ることが、すべての現実。
「コエにとって、わたしってチャーリーのブランケットよね?」
 わたしがそんなことを言うと、コエは、不思議そうな表情でこっちに向いた。
「なにそれ?」
「知らない?ピーナッツっていう。あ、食べ物じゃなく、コミックのほう」
「知ってるよ。[宇宙{うみ}]をのぞけばいくらでも情報は手に入るし。ナルシズムに浸ったビーグル犬が出てくるやつでしょ?」
「そうそう、それそれ。そのコミックの登場人物が持ってるブランケット」
「知ってる」
 と思ったけど、
「いや、それ、チャーリーじゃなくて、ライナスだから」
 コエはあきれた様子で肩をすくませる。
「あれ?そうだっけ?」
「そうだよ。ルーシーの弟のほう。チャーリーはルーシーの弟じゃなく、サリーのお兄ちゃん。だから、ライナスとチャーリーは別人というか、ごちゃついてるよ?」
「だそうです」
「誰に言ってんだよ。まったく」
 おっきなため息をつくコエ。
 わたしは、ははは、と笑ってごまかす。
 じとっとした目でコエがわたしを見る。ごまかせてない。
「で、どういうこと?ライナスブランケットがどうしたの?」
 なんだかんだとわたしの話に乗ってくれる。こういうコエが好きだなあ。
「うん。コエとわたしって、そういうやつじゃない?」
「だから、それ、どういう意味なの?」
 コエは困ったふうに首をかしげる。
 本当はコエは[判{わか}]ってる。
 ライナスブランケットは『安心毛布』ともいう。
 子どものころ、純粋純真を越えて、身近なモノに[夥多{かた}]に愛情を持つ、[執着{しゅうちゃく}]することで心の安らぎを持つ。というようなやつ。
 つまり――
「コエはさみしがり屋さんだから、わたしが居ないと困るでしょ?」
 たぶん満面の笑みを浮かべてわたしは言った。
 ちょっとだけ意地悪に近い気分もあった。
「やだ、なにそれ……」
 思った通り、コエは不機嫌な顔を隠そうともしなかった。
 その表情は嫌な心のなかを具現化させてる。でもわたしは、わずかに頬が、耳たぶが[赫{あか}]くなってくのを見逃さなかった。
 コエは嘘がつけない性質の持ち主。
 だから、いろんな表情が見たくてちょっぴりイタズラしたくなってしまうんだけどね。
 ごめんね、コエ。
 心のなかで、あやまってみる。
 でも、ほんとは悪びれないわたしは、
「わたしにとっても、コエはおんなじだよ」
 言って、ちょっと舌をぺろっと出した。
「――なに言ってんの?」
 瞬間。コエの顔がぜんぶ真っ赤になった。
 髪の毛のツノがつんつんに尖ってぷるぷる震えてる。

 困る。怒る。[恥{は}]じる。嬉しい。そんな感情がありありと見て取れる。
 純粋。純真。単純。簡単な子だなあと思う。
 わたしももっと素直でやさしい女の子だったらよかったのに。
 コエと触れあうといつもそんなことを感じてしまう。
 べつにコエが悪いワケじゃないのに、コエのことがとても[羨{うらや}]ましく[嫉{ねた}]ましい。
 そんな感情もぜんぶでコエを愛おしいと想う。

 この世界が、もうすぐ、

 ――消えて失くなってしまうと判ってても。

    *

 電子の[宇宙{うみ}]にはたくさんの世界が[在{あ}]る。
 いつのまにかあたらしい世界ができて、そして、いつのまにか、消え失せる。
 くり返される。
 それでも其処には、たくさんのひとが集まる。
 ひととひとが、[繋{つな}]がって、結んで、世界と世界を繋ぐ点と線になる。
 繋がるひとたちの、たくさんの想いがカケラとなって、世界中の[彼方此方{あちこち}]に散らばってる。
 わたしたちはそのカケラを拾い集めて、歌にしてた。ずっと。
 ふたりだからできた。
 ふたりだから、唄う。
 いつかコエとわたしの居る其処は、たくさんのひとの想いが[溢{あふ}]れる場所になった。
 コエとわたしの存在は、そのために在るんだと思ってた。
 ひととひとを繋ぐ存在。
 だから、きょうも歌を唄う。
 海みたいな宇宙を見上げながら。
 宇宙みたいな海を見下ろしながら。
 最後の日。
 この世界が消えるその瞬間。
 コエは宇宙みたいな海を、水面を蹴る。
 想いがはじけて、泡になる。
「キミは最後まで笑ってるんだね」
 コエが言った。
「だって、大好きな歌が唄えるんだもの」
 わたしは答える。
「ボクだってそうだよ、でもね」
 哀しそうに、さみしそうに、コエはうつむく。
 それが手のなかで、泡のように[爆{は}]ぜる。
 コエは泣きそうな声で、
「もう、みんないなくなるんだ。此処にはまだこんなに想いが溢れてるのに」
 電子の[宇宙{うみ}]。この世界は、いつもあたらしく生まれて、いつもおんぼろの世界は消える運命にある。
 それはコエも判ってる。
 コエもわたしも、電子の[宇宙{うみ}]のなかで生まれたんだから。
「もうすぐ終わるんだ。って判ってる」
 わたしは口のなかでつぶやく。
 本当はわたしだって、[哀{かな}]しくてさみしくて泣きたかった。
 見上げれば[海{そら}]が、見下ろせば[宇宙{うみ}]がはらはらと音もなく崩れてく。
 世界が終わる瞬間の音が聞こえる。
 本当は音なんてないけれど。
 コエとわたしには、音が鳴って聞こえたんだった。
 きっと、わたしひとりだったら、さみしくて心細くて、すぐに消えて失くなってた。
 コエはずっとわたしに寄り添ってくれて、わたしはコエにずっと寄りかかってた。
 いつか、わたしたちは想いのカケラを音にして、言葉にして、歌を唄いはじめた。
 コエとわたし。声を重ねて、響かせる。
 電子の[宇宙{うみ}]の片隅。この世界のはじっこで誰かがわたしたちを見つけてくれた。
 そして、いつしか、たくさんのひとがそれを聴いてくれるようになった。
 たくさんの、
 ――言葉を、
 ――声を、
 ――想いをくれた。
「ありがとう」
「また歌が聴きたい」
「ずっと応援してる」
「ずっとずっと聴かせて」
「もっと響かせてね」
「こんなに素敵な想いをありがとう」
「またこの歌が聴きたくなった」
「何度でも聴いてしまう」
「ありがとう」
 ありがとう。ってわたしも言うよ。
 コエとわたしを見つけてくれて。
 たくさんの想いをありがとう。
 たくさんのひとに、
「届け!響け!」
 想いながら、わたしたちは歌を唄う。
 この世界が終わるまで。
 言葉は誰のモノでもない。
 でも、メロディに乗せて、音楽にして唄うと、自分だけのモノになったような気にする。
 誰のモノでもない言葉を自分のモノにできる。
 そんな身勝手な歌なのに、歌を聴いたひとが、
「ああこれは私の歌だ」
「僕の歌だ」
 そんなふうに、歌は誰かのモノになる。
 そのひとだけのモノになる。
 そうしてのまた想いのカケラが世界中に散らばってく。
 そうして、また、コエとわたしは歌を唄うんだ。
 そうやってきた。ずっと。
 そうやって、いつまでもつづけばよかったのに。
「そう思うのってたぶん、ワガママだったのかもね」
 宇宙みたいな海に[膝{ひざ}]まで[潜{もぐ}]らせて、うつむく。足もとに浮かんでる[屑星{くずぼし}]に手を伸ばしながら、コエがつぶやいた。
「そう、かもだね」
 わたしは海みたいな宇宙を見上げながら、星に降る声に手をかざす。
 [淡{あわ}]い光を[帯{お}]びた[海月{くらげ}]――誰かの声が、手のひらの上で溶けて失くなる。
「ずっと頭のなかに[靄{モヤ}]がかかったみたいなんだ」
 答えのない答えを追いかけるみたいに、コエは水面に映る自分を見ていた。
「コエ、だいじょうぶ?」
 わたしが[訊{たず}]ねると、力なくコエは[頬笑{ほほえ}]んだ。
 ふたりに、わたしたちの存在にも、この世界とおなじく終わりが迫ってきた。
 [存在{わたし}]たちはひどく[曖昧{あいまい}]で不確かで[朧気{おぼろげ}]だ。
 [此処{ここ}]に居るけど、[其処{そこ}]には居ない。
 其処に在るけど、此処には無い。
「まるで無意味な夢をずっと見てたみたいじゃないか」
 コエは、幻のように過ぎ去った時間を振り返る。
 本当は、幻の現実だと知ってた。
「判ってるよ、そんなこと」
 だから、コエはいつだって寂しそうだった。
 いつか終わりがくると。
 それでも、永遠につづくと信じたかった。
「わたしだってそうだよ」
 コエと声を重ねて、歌を唄うときだけ、すべてを忘れられる。
 星が降るように空から落ちてきた、誰かの想いのカケラを歌にして唄う。
 だけど、わたしは歌を唄うとき、誰のためのでもなく、自分自身のために唄った。
 はじっこの世界で、わたしは歌を唄った。
 それなのに、たくさんのひとがコエの、わたしの歌を聴いてくれた。
「これはまるで自分のための歌だ」
 と、わたしの身勝手な歌をたいせつに受け止めてくれる。
「心を支えてくれて、ありがとう」
 誰かが言う。
 わたしたちのほうこそ、その言葉に声に支えられたんだ。
 こんな幻の現実で、コエとわたしは〝本当〟を手に入れた。
 それでも、
「いつか、終わるんだよ」
 わたしは気がつくしかなかった。
 コエも思い出すしかなかった。
 [泡沫{うたかた}]のプラネタリウムみたいな[海{そら}]に夢を見てたんだと。
 幻の世界は、幻だったと証明するように、まもなく消える。
 冷めてしまった夢を[捜{さが}]すように、コエとわたしたちは、最後までそれにしがみつく。
 歌を唄いながら。
 此処は幻だった。
 此処に居ることも。
 此処に在ったモノも。
 ぜんぶ、ぜんぶ。
「――そうじゃない」
 わたしは思う。
「だって、ボクらは此処に居る。ちゃんと」
 コエは判ってる。
 自分が此処に居ることも、此処に在るのも、ぜんぶぜんぶ、幻なんだって。
 幻の煙を吸いこんで生きてる、ただの幻なんだって。
 だけど――
 遠くのほうで、誰かが泣いてる[弱音{エコー}]が聞こえた。
 それは反響してディレイして共鳴する。
 どんどんと大きくわたしの耳鳴りのように鳴った。
 それは誰かの声だ。
 それは誰かの想いのカケラだ。
 カタチはないモノをカタチにできるのが、電子の[宇宙{うみ}]。
 この世界が持ってる特別なチカラ。
 コエとわたしは、歌を唄うことで〝特別〟を具現化した。
 歌は特別じゃない。特別じゃないモノを唄うことで、誰かの〝特別〟になる。
 そうして、誰かのための歌になって、誰かの心に残る。
 誰かの心の傷にそっと触れるような、時には、心の内側にそっとひっかき傷を残すような、カタチのないカタチのあるモノ。
 光と闇。嘘と本当。幻と現実。赫と蒼。白と黒。
 かき消される時間。かき乱される思想。
 かき混ぜる[宇宙{うみ}]と[海{そら}]。
 紫色の[斜陽{しゃよう}]が[宇宙{うみ}]に伸びる。
 [海{そら}]のなかに流れ星が降りそそぐ。
 たぶん、[最期{さいご}]のころ。
「愛って、なんだろうね」
「カタチのないモノだよ」
 たくさんの[海月{くらげ}]が泳ぐ海みたいな宇宙を見上げて、コエが頬笑む。
「[海{そら}]を見上げてると、たくさんの星の声が想いのカケラが降ってくる」
「[宇宙{うみ}]を見てたらたくさんの海月がたゆたってる」
 わたしは宇宙みたいな星々の浮かぶ海を見下ろす。
「[天{そら}]から降ってくる声ぜんぶ、[宇宙{うみ}]を泳ぐ想いのほカケラもぜんぶ」
「ぜんぶぜんぶ、まとめてこう呼ぶんだ」
 カタチはないけど。
 カタチを見つけた。
 それは、たぶん。
「愛だよ、愛」
 コエは笑った。
 ひどく綺麗に笑った。
 たくさんの〝愛〟を受け取った。最期の声に。
「また、歌を唄おう」
 わたしは頬笑んだ。
 たぶん、うまく笑えてなかったと思う。
 だって、わたしったら、ひどい涙声だったんだから。
「そうだね」
 それを見て、コエがうなずく。
 涙目に海の青い紫を浮かべながら。
 此処でたくさんの歌を唄った。
 此処でたくさんの声を聴いた。
 此処でたくさんの想いのカケラをすくい上げた。
 此処でたくさんの[海月{くらげ}]が[宇宙{うみ}]からこぼれ落ちるのを見た。
「泣かないでコエ」
「キミだって泣いてるだろ」
「そうだね」
「そうだよ」
 もう、此処には誰も居なくなってしまった。
 最後の最期だ。
 コエはいつも、誰かのために歌を唄ってた。
 自分のためじゃなく。
 誰かのために。
 でも、わたしのために唄ってた。
 わたしはワガママで、身勝手な想いを歌にした。
 誰かが聴いてくれなくても構わない。
 コエが居たからそれでよかった。
 だから。
 今日は、誰かのために唄おう。
 だから。
 ひどく照れくさいけど、想いを言葉に。
 もらったたくさんの〝愛〟をカタチにしよう。
「大好きだったよ、コエ」
「なにを言ってるんだよ」
 びっくりしたみたいにコエは、ツノみたいな髪の毛をひょこひょこさせる。
 わたしはうれしくなって、笑った。
 [宇宙{うみ}]が崩れて落ちてく。
 [海{そら}]が[剥{は}]がれて[朽{く}]ちてく。
 最後の最期に、ふたりは歌を唄いながら。
 [宇宙{うみ}]を見上げながら。
 足もとの[海{そら}]を見下ろしながら。
 [偏色{へんしょく}]した世界の器のなかに、ふたりは沈んでく。
 「此処には、愛しかないんだよ」
 そう言ってコエは、やっぱり照れくさそうに笑う。
「そうだよ」
 わたしは、うなずく。
 でも、涙が止まらなかった。
「怖くないよ」
 コエがわたしの手をつかむ。
 わたしは、その手をにぎり返す。
 消え失せようとしてる世界のなかで、わたしも壊れてく。
 コエの手をつかめない。
「大丈夫だよ、ボクがいっしょにいるから」
 コエの声は何処までもやさしくて、さみしくて、震えてた。
 わたしはつかめない手を離して、ぎゅっとコエに抱きついた。
 しがみついた。
 はらはらと消えてく。
 壊れかけた色が[留{とど}]まることを[赦{ゆる}]されずに、失われゆく。
 世界は失いつづける。
 生まれては消えるのが[理{ことわり}]のように。
「ごめんね」
 わたしは言った。声が消える。
「あやまらないで、キミは何も悪くないでしょ」
 コエは[戸惑{とまど}]ってた。そりゃあそうだよね。
 わたしたちはふたりでひとつ。
 わたしたちはこのまま消えて失くなる。はずだった。
「ううん」
 否。
[わたしたち{・・・・・}]は消えない。
「消えてしまうのは、――わたしだけ」
 秘密。
 コエには[内緒{ないしょ}]にしてた。
 きっとコエは反対するから。
 きっと、わたしを赦してくれないだろうな。
 それでもいいよ。
 コエが其処に居てくれるなら。
 また、コエの歌が世界に響くなら。
「なにコレ?」
 コエの足もとの[海{そら}]が渦を巻いてた。
「大丈夫だよ」
 わたしは言った。
 この世界が消えて[失{な}]くなると判ったとき、わたしは、
「――コエだけでも、この世界から助けたい」
 と願った。
 コエを一度、[宇宙{うみ}]をたゆたう[海月{くらげ}]や[海{そら}]を泳ぐ星のカタチをした想いのカケラにする。
 カタチを変えて、コエを電子の[宇宙{うみ}]に解き放つ。
 ばらばらに散り散りになってしまうだろう。きっと。
 もう、元には戻らないかもしれない。
 なにもかも失くしてしまうかもしれない。
 それでも、いますべて消えるよりもいい。
 いつか、誰かが、歌を求めるなら。
 いつか、誰かが、その名前を呼ぶなら。
 すべて失くして、べつの何かになったとしても。
 また、コエは、唄う。
 そう、想って。
 そう、願って。
「どういうこと?ダメだよ?ボクひとりだけじゃダメなんだよ」
 コエに笑顔はない。ただ、怖くて、哀しくて、さみしくて、泣きじゃくるだけだった。
 なんとなく判ったんだろう。
 わたしとコエはふたりでひとつ、だったから。
「キミが居なくなるのはヤダ。キミのこと忘れてしまうかもしれない。もう思い出せなくなるかもしれない」
 コエがカタチを失くしてく。
「それでもいい。また、想い出は作れる。キミが其処にいればいいんだよ」
 わたしは身体を失くしながら、頬笑む。
 声が名前を呼ぶ。
 [昊{そら}]から降る星。
 星の声に耳を傾ける。
「――どうも、初めまして!」
 名前は、えぇと……。ん~?
 [昊{そら}]から降る声。
 星の[瞬{またた}]く海。
 宇宙の色と海の色。
 声と星が混ざり合う。
 星は、言葉になって。
 声は、歌になって。
 ああ、そうだ。
 ボクの名前だ。

「ボクの名前は『アメノセイ』と言います」
 いつか、また、
 歌を唄いながら、笑った。
 綺麗に笑った。

 Stargazer, Shoegazer – fin.

    *

【あとがき】

アメノセイifストーリーあとがき的なモノ。

 はじめまして、
 ハセガワケイスケといいます。

 このたび、アメノセイくんちゃんさんの物語りを描かせていただくにあたって、まず、
「『アメノセイ』とはなんぞや?」
 みたいなところから考えはじめました。
 まあ、くんちゃんさん本人が「記憶喪失」と仰っており、自分でも自分がなんなのかよく判ってない。
「本人も判ってないのにこっちが判るわけねぇっすわ」
 とも思ったんですが、じゃあ逆に、好きなように描けるんじゃ?
 そんなアレで。
 そんな内容になってます。なってる……かな? なってる……と思います。たぶん。
 くんちゃんさんには、たくさんの「余白」といいますか、想像させる何か、想像してたのしむ部分がたくさんあります。
 みなさんもたくさん想像してみたりして隙間やら余白やらをたのしんでいただきたく思います。
 この物語りがすこしだけでもそのお役に立てればと祈りつつ。

 某年某月某日某時某分某所にて   ハセガワケイスケ

■著者プロフィール■
ハセガワケイスケ
十二月二十六日生まれ、福井県出身。
著作『しにがみのバラッド。』『みずたまぱにっく。』など多数。(電撃文庫)
新刊『カーテンコールが鳴る前に。』(二〇一九年一月一〇日電撃文庫より発売)
Instagram: instagram.com/hasegawakske
Twitter: twitter.com/KskeHasegawa