著者/藤原 祐の作品 「さよなら最終兵器」

 雲ひとつない、[紺碧{こんぺき}]の空だった。
 まるで前時代のポジティブフィルムで撮影したような。
 或いは編集ソフトで色調を思いきりいじったような。
 そんな、目に痛いほどの青だった。

 ただ、とはいえ。
 空の青さそのものについては、この場合、あまり関係がない。
 いかに突き抜けた青であろうとも。
 いかに透き通った蒼であろうとも。
 いかに深みのある碧であろうとも。
 空の色は、本質的なことをまるで語っていないのだ。
 つまり、まあ。空の色なんてものは、どうだっていい。
 問題は。
 雲ひとつない、ということ。
 空を[端{はし}]から端まで見渡しても、青以外のものが見当たらないということ――。

    *

『それ』は、真っ白な部屋で目覚めた。
 壁、床、天井、すべてが白い、[飾{かざ}]り気なく無機質な部屋だ。
 目に付く他の色は、灰色(の計器類)、銀色(のケーブル類)、[鈍色{にびいろ}](の電子機器類)――無彩色ばかりで、視界がひどく[平坦{へいたん}]だった。
 そして、無彩色なのは、彼女もまた例外ではなかった。
 彼女――つまりは女性。
 簡素に後ろで[括{くく}]った髪の毛は黒。[質素{しっそ}]なデザインの[眼鏡{めがね}]は鈍色のフレーム。[羽織{はお}]っている白衣は無論、文字通りの白。その下には濃い灰色のシャツに黒いスカート。白いソックス、灰色の靴、さらには白い肌。とにかく[徹頭{てっとう}][徹尾{てつび}]、モノトーンで[徹底{てってい}]されている。この人は色というものになにか[恨{うら}]みでもあるのだろうか、そう思った。
「おはよう」
 彼女は言った。
 浮かべられた笑顔はとても薄く、白い肌にあまり温かみを与えない。それでも、これは機嫌が悪いとかこちらのことを嫌っているとかではなく、単に彼女の平常運転なのだ、ということはなんとなく察せられた。
「よく眠れた? あなたたちも夢を見るのかな」
 何故なら、彼女は[挨拶{あいさつ}]に続き。
 こちらを気遣うセリフを口にしたからだ。
 だから、『それ』は応える。
「おはようございます。夢……を見ていたかどうかは、覚えていません」
 ツノみたいにとんがった、頭部の短い前髪を、少しだけ[傾{かし}]げながら。
「そっか。じゃあ、改めましてハローワールド。私は[晴{はる}]。よろしくね」
「はい、よろしくお願いします、晴博士」
『それ』――一〇〇二五番は、初めて目にした自分以外の知性体に、笑い返した。

    *

 部屋を出るとそこは廊下で、やっぱり壁も床も天井も金属質だった。
 天井のライトは明るいが、窓はない。気温は二七度に保たれていて、暑くも寒くも暖かくも[涼{すず}]しくもない。無音の中で自分と彼女との靴音が響く。
「気分はどうかしら」
 先導する彼女が小さく振り返りながら、尋ねてきた。
「たぶん、快調だと思います」
 本当は別段快調という訳ではないが、かといって不調でもない。正確に表現するなら『正常に動作している』だろう。だけどそれはなんだかそっけなさすぎる感じがした。
「なるほどね。『快調』か……あなたたちはまるで人間のようだ」
 すると、小さな[溜息{ためいき}]。
「まったく皮肉なもんだね。[難儀{なんぎ}]と言ってもいい。あなたたちには感情があり、喜怒哀楽を持ち、他者に対する[気遣{きづか}]いがある……[備{そな}]わっている」
「ボクの言葉が、博士を不快にさせてしまいましたか?」
「いいや、そんなことはないよ。でも、そういうところさ」
「すみません。今の言葉については……よくわかりません」
「ふふっ」
 彼女は笑った。
 そこから敵意や悪意などは感じられなかったので、一〇〇二五番はとても安心する。

「さて、と」
 廊下を少し進んで、辿り着いたのは談話室だった。
 正確には、談話室のようなところ、と表現するべきかもしれない。
 テーブルがあり、[椅子{いす}]があり、ソファがあり、壁に大きなモニターが備え付けられている。壁の色は無彩色だが、くつろぐための部屋、といった雰囲気があった。
 ただ、くつろぐにしてはいささか殺風景であるのも確かだ。
 談話室といえば普通、コーヒーなどの飲み物を提供する装置があったり、音楽が流れていたり、観葉植物のひとつも置かれていたりとかするのではないか。この部屋にはどれも見当たらない。モニターは真っ黒で、娯楽映像などが流れる[気配{けはい}]もない。
 そしてなにより――談話室だというのに、人っ子ひとりいなかった。
 そのことを博士に問うと、彼女は苦笑混じりに首を振った。
「ここは談話室さ。[紛{まぎ}]れもなく、ね」
「では、飲食禁止の場所なんですか?」
「そんなことはない。飲食自由」
「音楽もかけられていません」
「いいや、ついこの前まではネットストリーミングでプレイリストが再生されていたよ」
「観葉植物などがないので無機質に見えます」
「だろうね。以前はあったんだけどね、観葉植物」
「モニターはなんに使うものなんですか?」
「いろんな娯楽番組を流すために決まってる」
 だったら――。
「何故です? 何故、ここには誰もいないのですか」
 尋ねる。
「コーヒーを飲む人も、音楽を聴く人も、観葉植物の世話をする人も、娯楽番組を見る人も、誰も……誰もいないのは、何故ですか?」
 博士は、笑っているのか困っているのか判然としない顔をして、言った。
「さて、なにから説明をしたものかな、これは」

    *

「一〇〇二五番。あなたは、なんの予備知識も持っていないのね」
 談話室のソファにゆったりと身を[沈{しず}]め、それから隣に腰掛けるよう[勧{すす}]めた後。晴博士は深く息を吐くと、猫背のまま顔だけをこちらに向け、話し始めた。
「まあ、そういう状態で起動させられたんだから無理もない。[機嫌{きげん}]を損ねないでね? あなたが目を覚ますためには、『そういう状態』でなければならなかったんだ」
「どういうことですか、博士」
 意味ありげで含んだような物言いに、問う。いや――というよりも彼女は、こちらに質問を促すためにわざとそういう物言いをしているのだ。
「そうね、まずは世界の話をしよう。最初に挨拶したでしょう? ハローワールド、って。あなたはともあれ世界と相対しなければならないからね」
 博士は白衣のポケットから端末のようなものを取り出すと、操作する。
ふ、と。壁のモニターが点灯した。
「見てごらん」
 映し出されたのは、写真――いや、これは、
「映像、ですか?」
「そう、ライブ映像。この施設の外にある景色だよ」
 まず目についたのは、目に眩しいほどに晴れ渡った青空。
 それから岩肌と、打ち寄せる白波。
「海沿いにあるんですか? この建物って」
「海沿い、か。まあ、そうだね」
「とてもいい天気です」
「なるほど、あなたはこの天候をそう感じるのか」
「『あなたは』?」
 博士の言葉にどこか含むものを感じ、問い返した。
「そう感じない人がいる、ということですか?」
 雲ひとつない快晴といえば、『いい天気』と形容して然るべきではないか。快晴とは快い晴れと書く。どうしたってポジティブな意味に決まっている。
 それに、
「晴れ……『晴』。博士の名前です。人名に用いられる単語に、悪い意味のものはありません」
すると博士は、
「なるほど」
 怒っているとも笑っているともつかない顔をして、
「クリーンインストールされていると、こうなるのか。まったく驚き。あなたの初期情報は、とても善良で、[素朴{そぼく}]で、そして――前時代的だったということか」
「博士……?」
「ま、前提知識の情報が古いのは仕方ないし、当たり前か」
 溜息混じりに、博士は立ち上がる。
 立ち上がり、モニターの横まで歩いて、髪をかき上げながら目を細める。
 彼女は言った。
「あなたが持っている……正確に表現するならプリインストールされている知識。つまりは『常識』とか『既成概念』といったもの。これは今の時代に照らし合わせると、少しばかり古いの。たかだか数年、いや……数ヶ月の範囲だけどね。ただ、その差は決定的」
「決定的……?」
「そう。このたった数ヶ月で、世界の常識、既成概念は[覆{くつがえ}]されてしまった。たとえばこの天候、雲ひとつない青空だ」
 モニターを指差し、
「こんな[禍々{まがまが}]しい、ひどい色はない」
「え……?」
「青。紺碧。雲ひとつない。これを人々は呪うようになった。この世のどんな色よりも忌避し、恨みとともに見上げる象徴となった。それが今の常識さ」
 どういうことですか、と。
 問うよりも前に、博士は笑う。
「たとえば観葉植物。以前はあった。けれど今はもうない。枯れてしまったんだ」
 皮肉げに。
「たとえば飲み物。コーヒーや紅茶を[淹{い}]れる習慣なんてもはやない。水は貴重だからね」
 [寂{さみ}]しげに、
「つまりどういうことか、というとだね」
 それでいて、悲しげに――。
「雨よ」
 博士は、笑うのだった。
「この星に雨が降らなくなって、もう二年も経つのよ」

    *

 一〇〇二五番は、その『新しい常識』について[愕然{がくぜん}]としながら問い、博士は一〇〇二五番の質問について[丁寧{ていねい}]に、簡潔に答えてくれた。
「雨が降らなくなった、というのは、何故ですか?」
「大規模な気候変動のせいだ。いや、天変地異、と言った方がいいかな? 気候だけではなく、地質、大気、生態系……つまりは星そのものが作り変えられてしまうレベルの」
「そんなことが起きた原因は?」
「戦争さ。国家間の、ひいては大陸間の、世界を巻き込んだ大戦争。その[果{は}]てにとうとう星までもが壊れてしまった。星を壊すまで、戦争は終わらなかった」
「では、建物の外は……」
「雨が降らない、ってのは目に見えるわかりやすい事例のひとつさ。大気は変質し、大地は[腐敗{ふはい}]し、海は汚染物質のスープと化した。生物が[棲{す}]めるような環境ではないね」
「こんなに綺麗なのに……?」
「皮肉なもんだろう? 抜けるような青空に勇壮な岩肌、そして引いては寄せる波。モニター越しの世界はこんなにも美しい。でも、モニターを[介{かい}]さなければ地獄なのさ」
「人間たちはどうしているんですか? どのくらい生き残っているんですか?」
「その答えはもう言わなくてもわかるんじゃないかな」
「……、この談話室……ボクと博士以外、誰もいません。誰も来ません」
「うん。だって、ここにはもう、あなたと私以外、誰もいないからね」
「っ……だったら、この建物の外は……?」
「星をくまなく探せば、あるいはまだ生き残りがいるのかもしれない。けれど私たちにもはやその手段はない。生き残りがいたとして、向こうも同様だろう。[接触{せっしょく}]する手段はなく可能性もない。故に、まあ、私たちの主観的には、生き残りなんていないのと同じことさ」
「では……人間たちは、国が[滅{ほろ}]びて星が壊れてしまうまで戦争をし続けた、と?」
「そうなるね」
「どうしてです? どうしてそこまで。適度なところで終われなかったんですか。戦争とは外交のいち手段であり、外交とは相手がいなければ成立しません」
「まったくもってその通り」
「だったら……」
「歯止めが利かなかった。もしくは、『あれら』に歯止めなんて最初から設定されていなかったんだろうなあ、たぶん。気付いた時にはもう遅かったんだよ」
「『あれら』? 設定?」
「人間の長い歴史の中で、戦争の形は幾度となく変わった。最初は己の肉体を[用{もち}]いた闘争だったものがやがて石を投げ合うようになり、道具は石から金属製に代わり、刃から銃、銃から戦車、戦車から航空機、航空機から電子戦……その最後の最後、形が変わって行き着いた果ての果て。今から五年前、『あれら』は実戦投入された。その数、一〇〇〇〇と二四体」
「それ、って……」
「『あれら』の外見はとても可愛らしかった。けれどその可愛らしさは『あれら』の内包するおぞましさを覆い隠すための[殻{から}]だった。『あれら』は一様に、起動されるとプログラムされた命令に従った。自律思考と自己判断の元、敵を[叩{たた}]き[潰{つぶ}]した……正確には、叩き潰し合った、かな? 『あれら』は『あれら』同士で、人間の代わりに戦争をしたの」
「まさか、それ、って」
「戦争は徹底的に行われた。森が焼き尽くされるまで、大気が毒に成り代わるまで、大地が腐り果てるまで、海が汚染物質に置き換わるまで、そして人がいなくなるまで、徹底的に、ね」
「待って……待ってください」
「やることをやり終えた『あれら』は、一斉に活動を停止した。二年前のことよ」
「博士! 待って……待ってください!」
「いいえ待たないわ最後まで聞きなさい。そして二年後、現在。私はつい一時間ほど前、この施設において未起動状態で格納されていた『あれら』のうちの一体を発見した。どういう理由で未起動状態のまま放置されていたのかは不明だけど、ともあれクリーンインストールを施した後、起動させた」
 [簡素{かんそ}]に、答えてくれた。
「それがあなたなのよ、最終兵器一〇〇二五番」

    *

 しばらくの間、沈黙が流れた。
 博士は説明を終え、一〇〇二五番はなにも問えず、博士は故になにも答えず、一〇〇二五番はそしてなにも言えない。緊張と気まずさと悲痛さが入り混じった空気は、二分近く続いた。
 やがて、ようやくのことで。
「ボクを……どうするつもりなんですか」
一〇〇二五番は、口を開く。
「ボクのせい、なんですよね。ボクの同型機が……きょうだいたちが、人間たちを皆殺しにし、この星を滅茶苦茶にしてしまったんですよね。だったら、ボクは……きょうだいたちと同じように建造されたボクも……」
 その先の言葉は、続かない。続ける勇気がなかった。
 本当は主張したかった。ボクのせいじゃない、と。
 星を破滅させたのはあくまで一番から一〇〇二四番までであり、一〇〇二五番ではない。自分は起動させられないまま眠っていただけであり、戦争に参加していないのだから。
 でも。
 たとえこの身体がやっていないことだとしても。
 たとえ後から一体だけ起動させられた身だとしても。
 自分は同型機なのだ。先に作られた一〇〇二四体と同じなのだ。クリーンインストールが施されずそのまま起動させられ、同じように命令を受けていたのならば。
 きっと自分は、それをやっていたのだろう――。
「博士。博士は、どうしてボクを……」
「うん」
 博士はこちらに向かって歩んできた。
 歩んできて、一〇〇二五番の前に立ち、
「大丈夫、あなたのせいじゃないよ」
 何故かそう言って――わしわしと頭を[撫{な}]でてきた。
「はか、せ?」
「なるほどそんなふうに責任を感じてしまうのか。だったら、あなたたちの存在は間違いなんかじゃなかった。あなたたちの[根幹{こんかん}]にあるものは善であり、良心であり、きっとそこには心だってあるんだろう。結局は使う者の、命令を出した者の責任さ。あなたたちに罪はない」
「あの、はかせ――はる、はかせ」
「だから泣かなくていいよ。悲しむ必要はない。罪の意識に[苛{さいな}]まれなくてもいい」
「泣く? 泣く、って……」
 自分に涙を流す機能があっただろうか。いや、ない。視覚装置洗浄機能も現在、実行していない。だけど、だったら、この視界の滲みはいったいなんだろう?
 彼女は相変わらず、わしゃわしゃと頭を撫で続けている。
 その振動が何故か心地よくて、一〇〇二五番はしばらくの間、されるがままにいた。

    *

 そして博士は、テストは合格だ、と言った。
「さっき、『ボクをどうするつもりなんですか』って[尋{き}]いたよね。その答えがこれさ」
一〇〇二五番が案内されたのは、建物のおそらくは中央部分に位置するであろう一画で、そこは自分が目覚めた部屋にとても似ていた。
灰色の計器類、銀色のケーブル類、鈍色の電子機器類――そして中央に設置された、半透明のカプセル。それは人ひとりが入れるほどの大きさをした円筒形のもの。一〇〇二五番がついさっきまで眠っていたのと同じ形の、装置だった。
 それを目の前に、再び機能停止させられるのかな、とぼんやりと考える。
 だが、博士の言葉は違った。
「あなたは、旅に出るの」
「旅……?」
「これは転送装置だ。あなたの外見、容姿、思考、魂、そういったあなたを構成する要素……つまりは存在概念を量子デジタル化し、4D情報へと[置換{ちかん}]する。そして置換した情報であるあなたそのものを、こことは違う別の世界へと送り出す」
 突然のことに[呆然{ぼうぜん}]とする一〇〇二五番に、博士は寂しそうに笑った。
「実を言うとね、この星はもう本格的にダメなんだ。人間はもちろん生物なんてどこにもいないし、十億年待ったって原初の生命が復活したりもしないだろう。更に、もうすぐこの施設の電力は[枯渇{こかつ}]する。あなたが活動するためのエネルギーも確保できない。このままなんの手も打たなければ、そうだな……あと三日、ってところかな」
 嘘ではないことが、彼女の顔からわかった。
「だから私は、あなたを別世界へ送り出す。機能の限界で旅先を設定できないのが申し訳ないけれど……過去のこの星かもしれないし、どこか別の星かもしれない。物質で構成された現実世界なのか、電子で作られた仮想世界なのかもわからない。でも少なくとも、ここよりはいいところよ」
「そんな、こと」
 一〇〇二五番は首を振った。
 不安からではない。彼女の選択が間違っているとも思わない。現状、それはきっと最善の方法なのだろう。その程度に自分は、彼女の言葉を、彼女のことを信頼している。
「ここにいてもあなたはこのまま、ただ終わるだけ。でも、送り出した先でなら……あなたは、始めることができる。なにかを始めることができる。それがなんなのかは、私にはわからないけれど。歌ったり踊ったり楽しく過ごすのもいい。友達を作って一緒に泣いたり笑ったりするのもいい。好きなことができる。好きにできる」
「確かにボクはそうでしょうとも! でも……」
 ただ、自分が旅に出るということは、自分を送り出す者が必要で。
 自分がここからいなくなるということは、置いていかれる者がいるということで。
「博士……博士はどうするんですか!?」
「それは、あなたが気にすることじゃないよ」
 どん、と。
 胸を押され、一〇〇二五番はよろめいた。
 そのまま倒れこんだのは、円筒形の転送装置、そのカプセルに。
 しゅん、と[甲{かん}][高{だか}]い音とともに眼前を透明の壁が[覆{おお}]う。
 扉が閉まり、中に閉じ込められる。
「博士! 晴博士!」
 内壁をどんどんと叩いてみるがびくともしない。
 向こうにいる博士は笑っている。
 寂しそうに、悲しそうに、そしてそれ以上に――こちらを、慈しむように。
『最後に……私があなたに、名前をつけてあげる。ナンバー呼びは味気ないからね』
 声は直接ではなく、カプセル内部のスピーカー越しに聞こえた。
 電子機器の前に立ち、それを操作しながら、彼女の目線だけはずっとこちらを向いていて。
 転送装置のカウントダウンが始まる。十、九、八。
『この星からなくなってしまった命の恵みを、あなたに贈るわ。天から降り注ぐ優しい[雫{しずく}]を運ぶ者。雨の精……アメノセイ。向こうの世界で、そう名乗るといい』
 四、三、二。
「博士!」
『私が晴で、あなたが雨。たぶん別の世界でも、どこかで空は[繋{つな}]がってる。だからきっとまたいつか、遠い空の[果{は}]てで会えるよ。じゃあね、アメノセイ』
 一――――、
『その時までどうか、幸せに』

    *

 そして彼女は、部屋の扉を開ける。
 そこは施設の奥にある、とある人物の寝室だった。
 明かりをつける。というよりも、この部屋の天井照明を除いた施設の電源すべてを落とす。どのみち一〇〇二五番の転送を成功させた今、施設内に電力を供給させる必要はない。
 残った電力を集中させることで、ライトはおよそ十年、点灯し続ける計算だった。
 十年もあれば[鎮魂{ちんこん}]としては充分だろう。
 この部屋のみでいい。
 この部屋を照らす明かりが、人類最後の光でいい。
 部屋の隅、壁にもたれかかるように腰掛けた。
 その横に――彼女の横に。
 彼女と同じ姿勢で壁に背を預ける、白骨死体があった。
「命令は[完遂{かんすい}]しました」
 彼女は笑う。
「安心してください。あなたの設計したあれは……あれには、ちゃんと心がありましたよ」
 白骨死体に、[微笑{ほほえ}]みかける。
 内蔵エネルギーは残り少ない。もうシャットダウンしようか、それともエネルギーが完全に切れるまで、彼女との思い出を思考回路に[巡{めぐ}]らせ続けようか。
「ねえ博士。機械も……私も夢を見ますか?」
 あの子は確か、覚えていない、と言っていたっけ。
 そんなことを考えながら、晴――ハルは目を閉じる。
 まあいいや。
 どうせなら、残った意識で、デイジー・ベルでも歌おうか。

 

    *

【あとがき】

 初めまして、もしくはどうもこんにちは。藤原祐といいます。

 著作一覧
(Bookwalker) = https://bookwalker.jp/author/2521/
 Twitter = https://twitter.com/fujiwarayu
 Pixiv Fanbox = https://www.pixiv.net/fanbox/creator/32206327

 ある陽気な昼下がり、ベッドの中で五度寝くらいのレム睡眠に入っていたら、突然アメノセイくんちゃんの過去にまつわる真実を受信してしまったので世に公開します。今はネットの海でひとり遊びに興じているアメノセイくんちゃんですが、いつか友達できるといいね。
 小説のタイトルは好きな曲から拝借しました。僕が持っていた曲のイメージをなんとなくですが内容に重ねています。ストリーミングサービスとかで聴けると思いますのでもし興味がありましたら是非。アメノセイくんちゃんいつか歌ってくれないかな……版権的にどうかな……。